【資金づくりのための節約】禁煙はできなくてもセミ禁煙なら

節約テクニック

こんにちは。しるべです。

ロボトレにチャレンジするための資金をどうやってつくるか。

投資にチャレンジしようと思った時に僕はそのことだけをずっと考えていました。

(恥ずかしながら投資するための余剰資金というものがまったくなかったので)

そこで実践したのが以前ブログで紹介しているセルフバックというアフィリエイトを使って報酬をもらい投資資金にまわす、という方法でした。

お小遣い稼ぎにも使えるセルフバックがどんなものなのかについてはこちらの記事で紹介しています。

【お金を稼ぐ方法】投資に必要な資金の準備方法
投資するにも元手がない。そんな理由で投資にチャレンジできていない人もいらっしゃるのではないでしょうか?だったら投資する資金を隙間時間で準備しちゃいましょう。通勤時間やお昼休みにポチポチしているだけで数万円の資金は準備できます。

そしてセルフバックとは別に、投資にまわす資金をつくるために節約にも取り組むことを決意しました。

別に普段から無駄遣いをするようなタイプでもないと自負しているのですが、今の生活の中で削れるものは削っておくべきだな、と漠然と思ったのがキッカケです。

当たり前ですよね。笑

無駄にお金を消費してもしょうがないので。

僕が節約の第一号として選んだのは「タバコ」でした。(そもそもタバコを吸わないかたにはホントに申し訳ないのですが・・・)

ただ、この節約もお金のことを考えてみるのにすごく良い例だな、って思ったので今日は僕が実践している「セミ禁煙」について紹介させてください。

タバコを吸っていないかたにも役に立つ考えかただと思ってますので!

セミ禁煙ってなに?

まず、僕が勝手に命名した「セミ禁煙」についてご説明しますね。

名前のとおりでしかないんですけど、タバコを完全にやめたわけではないんですが禁煙と同じような節約効果があったので僕の中ではセミ禁煙と呼んでます。

これもしょうもない理由でしかないんですが、僕のようにタバコを中々やめられないかたも大勢いらっしゃると思うんですよね。

今まで禁煙を思い立ってチャレンジしたかたの中には。

僕の場合は以前は奥さんもタバコを吸っていました。なので子供とどこかに出かけてる時も、「ちょっとタバコを吸ってくるね」なんて言って結構気軽に吸える環境だったんです。

それが一転。

3人目の子供ができたタイミングで奥さんはスパっとタバコをやめました。

情けない話ですが、僕は職場でも吸ってたりしてタバコをやめられずに今に至ってます。

そして無事に3人目の子供も生まれてくれて、今ではとてもタバコを吸いづらい環境に変わったのです。

人生において損しか生まないタバコ

もう誰もがわかっている事実・・・。

タバコってまさに“百害あって一利なし”、良いことなんて1つもないものですよね。

悪い部分はたくさん出てきます。

  • 肺がん率が高くなるリスク
  • 1箱約500円という出費
  • 匂いが臭い、衣服にも染みつく

など、あげたらキリがないですね。

僕なりに迷惑をかけているという自覚はあって、家族といる時は一切吸いません。

もちろん家に帰ってきた後は吸いません。

なのでタバコを吸うシチュエーションとしては仕事を含めて自分1人で外にいる時だけなんですけど。

このように、タバコって自分にも家族にも損しか生まないものなんですよね。

それがわかっているのにやめられなかった僕はホント意思の弱い人間だな、とつくづく反省します。

タバコはいくらの出費になるのか

これは僕が吸っている時のペースになりますが。

1日でだいたい10本、2日で1箱がなくなるペースでした。

(だいたいのタバコは1箱に20本入ってるんです)

値段は1箱450円のものを吸ってました。金額を計算してみると、

  • 1ヶ月で15箱消費=6,750円
  • 1年で182箱消費=81,900円

になります。

年間で8万円を超える出費をしているにも関わらず、自分の体にはダメージだけが蓄積していき、家族にはタバコ臭い匂いで迷惑をかける。

まさに“百害あって一利なし”そのものですね。

ちなみにタバコは当然ですが負債にあたります。

資産と負債の違いについてもこちらで説明していますのでぜひ。

【マイホームで解説】収入と支出の違いを知ってみる
お金の出入り、つまり収入と支出。お金を増やしていくためにはその違いを理解しておく必要があります。お金を増やす方法はたった2つしかありません。人生で一番大きい買い物と言われるマイホームを購入したことを例にしてやさしく解説いたします。

吸っている限り、ポケットからお金を奪っていく負債そのものですね。

体に害が出ないタバコ

そんな時に知ったのが「フレーバータバコ」です。

ニコチンなどの体に有害な物質は一切入っていない、フレーバー(匂い)を楽しむものがあるんです。

フレーバータバコの「ドクターベイプ」

僕は今まで紙の普通のタバコだったんですが、これをドクターベイプに変えたところすごく節約になっているんです。

今愛煙家の間でもすごく人気らしくて、これに変えた人がたくさんいるらしいです。

電子タバコは非常に注目されていて、さまざまな種類が販売されています。

そんな中で僕がドクターベイプ選んだ理由がこれ。

  • ガツンとくる吸い応え
  • 匂いでまわりに迷惑がかからない

ドクターベイプは水蒸気のタバコです。(ホントの言い方はタバコじゃないらしいんですけどわかりやすいように”タバコ”という表現を使わせていただきますね)

セミ禁煙の節約効果は?

結局ドクターベイプに変えたことでいったいいくら節約できているのか。

僕は定期コースを利用しています。(タバコなので定期コースの方が便利です)

1回のお届け金額は2000円です。毎月1箱届きます。

届くものは”フレーバーカートリッジ”という、匂い水蒸気の元が3種類入ってます。

1日約10本という、そこまでヘビースモーカーというわけではないので、3種類が1つずつ入っていれば僕はじゅうぶん1ヶ月間もちますね。

それを踏まえて計算すると結果はこうなります。

  • 1ヶ月で1パック消費=2,000円
  • 1年で12パック消費=24,000円

なんだかものすごく安上がりになってる・・・?

年間のタバコ出費額と比べてみると、

  • 紙タバコ:81,900-ドクターベイプ24,000円=57,900円

1年で6万円もの節約ができるなんて、タバコを吸っているかたにはまさにセミ禁煙チャンスじゃないでしょうか。

まとめ

タバコはやめるべきか?

これについては絶対にやめるべきです。

ですが僕は意思が弱く、完全にやめることができていません。セミ禁煙状態です。

でもセミ禁煙でも1年間で約6万円のお金が浮く、10年なら60万円のお金が浮きます。

それで浮いたお金、ロボトレの資金にまわしたくないですか?

毎月コツコツ6万円を積み立てることができたら貯金2000万円への道もすごく明るくなると思います。

このドクターベイプは吸う頻度を落とさずに、まわりにいるかたの迷惑にもならない、さらに言うと本体のデザインもオシャレという優れものです。

そしてなにより「吸い応え」がバツグンに良い!

僕と同じく今まで紙タバコを吸っているかたでも満足できる”ガツン”とした吸い応えですので、完全な禁煙は無理でもまずは体に迷惑のかからないものに変えてみるのもありだと思います。

繰り返しますが、もし完全に禁煙できるなら支出が0になるため禁煙がもちろんおすすめです。

投資するための資金づくりの方法として節約も考えてみてくださいね、というお話しでした。

そのうちドクターベイプの特徴など、細かいところをまとめてご紹介しようと思います。

コメント