断捨離は損切りと一緒。お金と時間を手にいれたサラリーマン断捨離術!

断捨離と書かれたごみ箱の画像資金づくり

こんにちは。しるべ(@robotra_blog)です。

断捨離(だんしゃり)

実践してますか?

初めて耳にする人がいるかもしれませんのでまずは定義について。

断捨離は、「もったいない」という固定観念に凝り固まってしまった心を、ヨーガの行法である断行(だんぎょう)・捨行(しゃぎょう)・離行(りぎょう)を応用し、

断:入ってくるいらない物を断つ。
捨:家にずっとあるいらない物を捨てる。
離:物への執着から離れる。
として不要な物を断ち、捨てることで、物への執着から離れ、自身で作り出している重荷からの解放を図り、身軽で快適な生活と人生を手に入れることが目的である。ヨーガの行法が元になっている為、単なる片付けとは異なるものとされている。

Wikipediaより

 

最近いろんなものを断捨離したところ良いことだらけでした。

 

しるべ
しるべ

物以外にも断捨離できるものはたくさんあります

 

今日はそんな断捨離で得ることができたものについてお伝えしていきます。

そしてこの断捨離、じつは投資で一番大事な損切りとまったく一緒。

断捨離(損切り)して得られるもの
  • お金
  • 時間
  • 気持ちのゆとり

投資の知識としても役に立つのはもちろん、誰でも生活に取り入れられますので参考になれば幸いです。

断捨離=損切りという考え方

損切りするグラフとハサミ

投資をしているかたなら必ず実践していること。

それは損切りです。

 

しるべ
しるべ

投資で大きな利益を出している人ほど徹底している損切り

 

損切りがどういうものなのか、実際の運用でどのように使っているかをこちらの記事でまとめていますので参考になるかと思います。

【テーマ投資実践中】スタンスは長期でも損切りルールは決めておけ
2回目のテーマ投資運用実績の公開となりました。前回報告した時から1週間が経過し、運用している資産の金額は果たしてどうなっているのか。長期の投資においても絶対に決めておかなきゃならないのが損切りのルール。自分のルールを定めて実行することはメンタルの安定にもGoodです。

投資の場合は損切りが上手い人ほど着実に利益を伸ばせているのは明白です。

そしてこの損切りという考え方、目的が断捨離とまったく一緒だと思ったんですね。

ということは仕事やプライベートでも断捨離を実践した方が結果として人生の利益が出るんじゃないか?と考えたんです。

 

しるべ
しるべ

今まで断捨離しよう!なんて意識したことはなかったです

いったい何を損切りして断捨離したのか?

数は多くないですが誰でも捨てられるものを捨ててみました。

損失の大きさの見極めが重要

下がったものを無理やり上げる人

投資での損切りを簡単におさらいするとこんな感じ。

損してでも切る(マイナスの状態で利益を確定させる)ことで金銭的、精神的ダメージを浅くすること。

適切な損切りで得られるメリット
  • それ以上のマイナスの拡大を防ぐ
  • その銘柄に使っている資金の拘束が解ける
  • 精神的なダメージが浅いため挽回のモチベーションアップ
  • 塩漬け銘柄にならなくて済む

基本的に「今損切りしないと被害がもっと拡大してしまう」という考え方のもと実行する手段になります。

 

しるべ
しるべ

初心者ほど損切りがなかなかできないと言われています

 

凄腕の投資家のかたはメンタルを一定にコントロールするため、損切りする時のルールを決めていてそれに従い機械的に損切りします。

全ては次のトレードで挽回するために早めに決断してしまう。

さっさと見切りをつけて次に良い結果を出す。

見切りをつけるために必要になってくるのが損切り対象になったものが自分にとってどれだけマイナス効果をもたらすのかということ。

具体例で説明していきます。

人付き合いの仕方を損切りした

友人と楽しくコミュニケーションしている場

僕が一番最初にやった損切りがこれです。

 

しるべ
しるべ

すごく冷たく見えるかもしれませんがそんなことないです

 

 

僕と同じくサラリーマンをやっているかたで職場にこんな人っていませんか?

 

・残業を一切しない
・定時になると一緒に飲みに行く人を探す

 

毎日のように飲み歩く人。

ちなみに誘ってくる人は仕事をする上で良い人、信頼関係がある人というのが前提です。

そもそも人間的に嫌い、受け付けない人なら秒で損切りしてください。

僕は幸せなことに必ずと言っていいほど毎日お誘いがありました。

 

しるべ
しるべ

少なくとも嫌われてはいなかったと思います

 

もちろん毎日なんて行けないので仕事の都合によって適度に行くって感じだったんですけど平均すると週に3回くらいでした。

 

レッドくん
レッドくん

それ、1日おきじゃん・・・

しるべ
しるべ

・・・そうだね。笑

信頼している人だし仕事の話も盛り上がるし行くと居心地はいいんです。

コスト感ですが普通の居酒屋を利用するのでだいたい1回3,000円くらい。

1週間で3回行ったら9,000円!

・・・財布に大打撃ですね。ちなみに誘ってくる人は未婚、一人暮らしです。

この週に3日のサラっと飲みを損切りしました。

ここで重要なのが自分にとってマイナス(損失)になる部分だけを損切りするという点です。

僕にとってのプラスとマイナスを整理するとこんな感じ。

 

■プラス面
・その人との仕事そのもの
・業務的な共有ごと
・ストレス発散の遊び
■マイナス面
・回数の多さによる出費
・回数の多さで仕事の話題が薄くなる
・回数が多いことで時間の浪費も多い

 

その人自体は僕がスムーズに仕事をしていく上で絶対的に必要なんです。

僕にマイナス(損失)を与えているものは“回数・頻度”のみ。

信頼関係が崩れることもなく今は月1回行くか行かないか程度です。もちろん仕事にもなんらダメージはありません。

 

しるべ
しるべ

良い損切りができたと思います

 

しかも普段の頻度を減らすといざ行った時は会話がより深い話題になるので時間のコスパが良くなります。

残業という労働時間を損切りした

キーボードを打つ手の画像

これは今の生活にもダメージが出る可能性があったので慎重に損切りしました。

今は定時の5分後には会社を出ることを徹底しています。

 

しるべ
しるべ

1週間くらいで周囲の人にも定時で帰る人だってことは伝わります

 

ここで重要なのは言うまでもなく残業代という金銭の実害をどうするのか?

それにはまず正確な情報が必要です。

 

■給与明細書を確認
・直近3ヶ月ほどの残業代をチェック
・合わせて残業時間数もチェック
・時間あたりの金額を把握しておく

 

僕の場合ですが残業によってざっくり月2万円ほど手取り額が増えてました。

時給換算したら1時間2,200円ほど。

僕は当ブログ「ロボトレ」の運営を始めてすぐに上記をチェックした後に損切りすることを決めました。

損切りによって得た時間で月2万円をカバーできるかどうかが判断ポイントです。

結論、A8.netのセルフバックで楽勝でカバーできます。

こちらの記事で残業するよりも圧倒的にコスパが良くなるセルフバックの方法を詳しく解説しました。

セルフバックのやり方を画像付きで解説!承認条件に注意すれば資金づくりは簡単です
自分ですぐにできるアフィリエイト、それがセルフバック。仕組みを知るだけで得することだらけなので、日々の生活に取り入れて上手に活用していくことをおすすめします。たくさんの案件の中から今の自分に必要なものを発掘できたらテンション上がること間違いなしです。

ちなみに僕の会社では「みなし残業システム」が採用されています。

 

「みなし残業システム」とは?
・給料の月額に○○時間分の残業代が含まれていること
・残業0でも残業代扱いの金銭がもらえるお得なシステム。笑
・反面、別途残業代をもらおうとすると○○時間分を超えなければならない

 

僕の手取り2万円ほど増えているというのはみなし残業時間を超過した分になります。

設定されているみなし残業時間は40時間。

つまり、残業41時間目からが別途金銭の支給対象です。

 

しるべ
しるべ

ここでまた計算してみます

1日2時間残業したとしましょう。1ヶ月の労働日数を22日とした場合残業時間は以下です。

 

22日×2時間=44時間
・4時間分の約8,800円がみなし残業超過分として上乗せされる

 

ぶっちゃけどう思いますか?

僕はこの計算式でだいたい10時間分の残業代を毎月稼いでいたわけですが・・・。

時間のコスパ悪すぎだと思いませんか?

そしてみなし残業システムが採用されている会社で一番最悪なのが“中途半端な残業”です。

飲み会なんかあって定時で上がった日が数日あるだけで40時間なんて簡単に下回ります。

残業時間が39時間になった月なんてもはや地獄の苦しみですよね。

会社にとっては一番理想の社員でしょうが従業員の目線ならクソ社畜です。

ということで僕が損切りする上で天秤にかけたのがこちら。

 

■月2万円をGETするために必要な時間
会社の場合 → 月の残業が50時間
A8.netの場合 → セルフバック作業時間

 

深く考えるまでもないですね。

もちろんセルフバックについては良い案件があるかどうかにもよるので残業に比べて安定していないと考えることもできます。

しかし、残業時間を0にして得た時間でできることの幅は広いためいろんなことを試して手取りプラス2万円をカバーしようと思っています。

繰り返しますが、今のところA8.netのセルフバックで楽勝でカバーできてます。

損切り=断捨離という考え方まとめ

これが僕が実践している断捨離の一部です。

もちろんこちらの記事でも紹介しているように、不要と思ったマンガ約2,000冊を処分して気持ちを整えたりもします。

鋼の錬金術師が良書すぎる!時間を錬成して等価交換で人生を豊にしよう
鋼の錬金術師といえばコミックスの累計販売部数が7700万部を突破した大人気のファンタジーです。HeySeyJUMPの山田くん主演の映画も話題になりました。そんな鋼の錬金術師は気づきの多い良書だって知ってますか?ビジネスでもプライベートでも役立つことがたくさん描かれているんです。

処分したおかげで家の床にかかる重さの負担を軽くできました。笑

 

しるべ
しるべ

家へのダメージが少なくなったのは良いことですね

 

記事でご紹介したように会社の制度や人間関係の中に無駄なものがあることってサラリーマンやってたら多いんじゃないでしょうか?

物理的なものを断捨離して得られるものと、目に見えないけど時間コスパが悪いものを損切りすることで得られるもの。

どちらが自分にとって大きい効果があるのか?という視点で断捨離をしていくのが良いと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント