消費税増税は投資に影響する?ロボアドバイザーの手数料1%は増税対象です

消費税増税バーコードの画像ロボアドバイザー

こんにちは。ロボトレで資産運用中、ロボトレーダーのしるべ(@robotra_blog)です。

 

レッドくん
レッドくん

ロボトレーダーっていうんだ?

しるべ
しるべ

ロボアドバイザーでトレードする人だからね

いよいよ迫ってきた消費税増税。10月まではもう2ヶ月きってます。

軽減税率が適用されるジャンルなど注目度が上がってますね。

なのでロボアドバイザー投資家としてたった2つの疑問を解決しておこうと思います。

この記事ではこんな疑問を解決します
  • 消費税増税が投資に与える影響は?
  • WealthNavi(ウェルスナビ)における消費税は?

すでにご存じのかたばかりだと思うので軽減税率についてはここでは一切触れません。

対象なのは「酒類・外食を除く飲食料品」と「週2回以上配達される新聞」だけです。

僕がフォローしている、はむらいとさん(@hamwrite30 )が軽減税率について1分でわかる記事を書いてくれていますのでぜひ見てみてください。

Twitter

ホントに1分でわかるすごく良い記事です!

 

しるべ
しるべ

サクっと読めました。具体例もモリモリです

では、ここから本題に移っていきたいと思います。

資産運用・投資は消費税増税の対象か?

コイン、お金の画像

結論は対象です。

軽減税率の対象は先に説明したものしかありません。

(外食した際のイートインとテイクアウトで違うとか、わけわからんですけど・・・)

資産運用、投資に関する項目で具体的に増税されるものはこうなります。

株式

  • 売買手数料

株式を実際に売り買いする時に証券会社へ払う手数料です。

投資信託

  • 購入時販売手数料
  • 保有時の信託報酬
  • 募集手数料
  • 換金手数料
  • 資産入れ換え時の売買委託手数料

投資信託は手数料の項目が多いため高いイメージがありますよね。

これだけある項目全部が8%→10%に増えるんですからますます投資初心者が手を出しづらくなりますね。

FX(外国為替証拠金取引)

  • くりっく365の取引手数料

FXではくりっく365だけは取引所取引になるため手数料がかかります。

その他はスプレッドという売値と買値の差額だけです。

仮想通貨

基本はFXと同様にスプレッドが設定されています。

メイカーやテイカーももともと手数料が含まれているので特別にかかってくるものはないかと思われます。

不動産

  • 建物の購入代金
  • リフォームした場合はその工事代金
  • 売買、賃貸ともに仲介手数料
  • 司法書士等への報酬
  • ローンを組んだ時の事務手数料
  • 投資物件(事業用・テナント)による賃貸収入

不動産は大きな金額になりがちです。

そもそもの金額が大きいのに契約に関する項目もたくさんあるため、予定していた資金で買えないなどの問題も出てくるんじゃないでしょうか。

ただし個人が居住用の建物や土地を中古で売却した場合、消費税は非課税です。

ロボアドバイザー(ロボトレ)

  • 運用手数料

ロボアドバイザーはだいたい手数料1%がかかります。

 

ロボアドさん
ロボアドさん

1%以上の仕事はするよ

しるべ
しるべ

ホントお願いしますね(汗)

運用する資産(実際に預けている金額部分を除く)に対する1%がサービス提供業者へ支払う手数料でそれはもちろん増税の対象です。

消費税の増税は変わりませんがその他の税金が優遇される長期投資はあります。

iDeCo、つみたてNISA、ロボアドバイザーの比較表つき!3つ全部使うのがベストな資産運用法です
iDeCo、つみたてNISA、ロボアドバイザーはいったいどれを実践すればいいの?ご安心ください。長期の資産運用では全部必要です。なので全部やりましょう。大事なのはそれぞれの特徴を理解して優先的にどれから始めていくのかを決めることです。

増える分、抑えられるところは抑えたいですよね。

資金が拘束される期間は長いですがロボアドバイザーと合わせてiDeCo、つみたてNISAも合わせて始めるのも手かもしれません。

WealthNavi(ウェルスナビ)の増税は?

ウェルスナビのPC運用画面

答えを書いたあとですが・・・。

ウェルスナビもロボアドバイザーなので先に説明した通りです。

預かり資産(運用金額)に対して1%の手数料、その手数料にかかる消費税が増税になります。

ウェルスナビの手数料計算例
  • 10万円運用    → 1,000円×消費税=1,100円
  • 100万円運用  → 10,000円×消費税=11,000円
  • 1,000万円運用 → 100,000円×消費税=110,000円

3,000万円以上の運用金額だと手数料額が変わってきます。

もし3,000万円以上すでに運用している、そろそろ運用額が3,000万円を超えるというかたはWealthNaviヘルプページでご確認ください。

消費税については公式サイトでこのような回答も載ってます。

ウェルスナビヘルプページ消費税

手数料は1日ごとに計算されていて1ヶ月分の合計金額が翌月の1日に引き落とされます。

ということは9月の運用手数料はすべて消費税8%で計算されるわけなので10月1日の引き落とし金額は消費税8%換算、11月1日の引き落とし金額から10%換算ですね。

(はあ、書いててなんだか気分が暗くなってきました・・・。増税ってイヤですね)

 

しるべ
しるべ

増税する分給料も上がってほしい・・・

まとめ

もうまとめる必要すらないですね。

消費税の増税は資産運用・投資も対象

です。

 

レッドくん
レッドくん

どうにもならないから諦める(泣)

でもこうなってくるとますますFXや仮想通貨の人気が高まりそうです。

売り買いに手数料が元から上乗せされているので別で支払うわけじゃないですもんね。

すでに個人投資家として活躍されているかたはトレードに関してだけはあまり気にしてないのかもしれないですね。

 

しるべ
しるべ

FXでスプレッドが上がるって話はあるのかな?

ただ、ロボアドバイザー(ロボトレード)の最大の魅力はなんといっても「放置できること」ですから。

もう増税は決定しているわけなので引き落とし金額が増えていることも放置します。

時間と知識が必要なことをロボアドバイザーがすべてやってくれるわけなので、その分僕はこれからもブログを読んでくださるかたのために役立つ投資情報を発信していきます。

コメント